EDは治る!バイアグラは世界中の男性を救う

バイアグラは保険適用外

ED,バイアグラ

バイアグラはなぜ保険が適用されないのでしょうか?製造販売者のファイザー社では、バイアグラの保険適用を申請しています。しかし、厚生省の見解では勃起不全と言うのは病気ではありません。つまり、バイアグラは生活の質を向上させる「生活改善薬」であって、病気を根本から治す「病気治療薬」ではないというのです。

 

したがって治療のための保険は適用できないのです。

 

となると、バイアグラはどうしても値段の高い薬になってしまいます。勃起不全は、高い金を払っても克服したい状態なのか、そうではないのか、これは当事者の判断に任されるというわけです。

 

バイアグラの具体的な副作用について、ファイザー社のレポートを紹介します。

 

頭痛 14パーセント
顔面の紅潮 10パーセント
消化不良 7パーセント
鼻づまり 4パーセント
泌尿器炎症 3パーセント
視覚変調 3パーセント
下痢 3パーセント
めまい 3パーセント
発疹 2パーセント

 

この程度の副作用は普通一時的なものですから、軽視してもいいのかもしれない。しかし、もしほかの病気で医者にかかるような場合は、バイアグラを服用していることを医師に通告しなくてはいけません。

 

まだ明らかになっていない合併症がどこにどう潜んでいるのかわからないのです。

 

慎重の上にも慎重になる必要があります。バイアグラの効果は非常に高いです。副作用が怖くてなかなか手が出せないという人も多いでしょう。

 

少なくとも、毎日常用するのは避けたいと思うはずです。

 

バイアグラは確かに7割、8割の人には効果があるようです。しかし、これはその人の体質や体調によるものかもしれませんが、「バイアグラの飲んでみたものの、まるで効果がなかった」というケースもあるようです。