EDは治る!バイアグラは世界中の男性を救う

男性の勃起のメカニズムについて説明しましょう。

ED,バイアグラ

性的な信号、つまり性的な興奮は大脳から性機関へと伝達されます。男性のペニスに信号は働きかけ、ペニスから「サイクリックGMP」という一種のホルモンの分泌が促されます。

 

このGMPは陰茎の組織である海綿体をリラックスさせ、動脈を広げる働きをします。その広がった動脈に血液が大量に流れ込み「海綿体」が膨張し、勃起状態になります。

 

ことと気動脈は静脈を圧迫するので、血液が流れにくくなり、その結果、勃起状態が持続することになります。

 

ED(Erectile Dysfunction=勃起不全、勃起障害)という症状は、サイクリックGMPの分泌が少ないか、あるいはGMPを分解する酵素の働きが強いためだと考えられています。

 

バイアグラはGMP破壊酵素の働きを阻害するように作用するのです。すると、サイクリックGMPは増加して、その最大限の働きをして、勃起を持続させることになります。

 

勃起と言うのはペニス内の動脈を流れる血液が、ペニス内の静脈を流れる血管を圧迫するというかなり微妙な作用に頼っています。

 

その結果、勃起不全には心理的の要因が大きいことも確かです。しかし、バイアグラはその心理的な要素を超えて、直接サイクリックGMPに働きかけるので、かなり有効な勃起持続作用があるのです。

 

化学薬品には副作用のあるものが多く、バイアグラのも副作用があります。使い方を間違えると場合によっては死に至る場合もあるほど何のです。バイアグラが発売されるようになり、副作用による死亡事故も報道されるようになりました。

 

性的刺激を求めるあまり、ほかの媚薬と併用するのはかなり危険なことなのです。ほかの媚薬や催淫剤などと併用するのは、これらの薬剤に硝酸塩化合物が含まれていることが多く、大変危険です。

 

媚薬でなくとも、心臓病のためにニトログリセリン、硝酸イソソリビドなどを服用していたりすると、過度の副作用を引き起こす可能性があります。

 

血管が過度に膨張し、生命に危険な状態まで血圧が低下することがあるのです。

 

また狭心症、急性心筋梗塞なども副作用の結果引き起こされることがあり、使用上は注意しなければならないことがいくつかあります。